エクストレイル値引き

エクストレイルの内装を徹底紹介!乗っている人の評価は?

従来のモデルがいかにもアウトドア使用のSUVという内装をしていたのに対して、現行のエクストレイルは上質さを前面に出した内装となっています。

 

check

まず、インパネ周りですが、メーター回りには最大13の情報が表示可能な5インチのカラーディスプレイが装備されており、また防水シートの質感も向上しており、運転席と助手席にはシートヒーティングが標準装備されています。

 

check

後部座席ですが、ニースペースが従来のモデルよりも80mm、3列シートモデルでは90mm拡大されているため、かなり広く感じるようになっています。
また、後部座席は全席よりも座点が高められているため、前方の視界が開けていいるのも特徴です。

 

check

ラゲッジスペースは従来のモデルよりも若干小さくなりましたが、それでも他のSUVと同程度の収納力を確保しており、後部座席をフルフラットにした状態では550Lの容量を確保しています。

 

また、後部2シート仕様では「防水フレキシブルラゲッジ」という2枚のボードによって様々なラゲッジスペースのアレンジをすることができ、ラゲッジ手前側に立てて配置すれば荷物が転がるのを防止する壁になりますし、中断に設置すればラゲッジスペースを2段にして荷物を積むことができます。

手をかざすと開く「ハンズフリーリモートオートバックドア」を装備することが可能であり、これにより両手がふさがった状態でも手の先をかざすだけでバックドアを開くことができるので重宝します。

 

                                                                            従来のモデルと同じくラゲッジスペースは完全防水となっているため、スノーボードの板が濡れた状態でも積むことができ、水が滴った場合には乾いた布で拭けば問題ありません。

値引き

 

実際にエクストレイルを購入した方もやはり積載能力・収納力を高く評価しています。

 

エクストレイルはミドルSUVの中ではトップクラスの積載能力を誇っているので、その点が購入の決め手になっているようです。
また、外観も従来のモデルよりもスポーティなものとなったため、アウトドアをあまり行わないような層にも人気があるようです。

 

エクストレイル値引き